男性であれば女性と性交したいと考えるのは当然です。しかしもしも自分が包茎であったとしたら、見られる事に抵抗があったり、こっそり自分で剥いたりして、多少の負い目を感じている方も多いでしょう。真性包茎やカントン包茎の場合は手術しなければ、性行はおろか自慰行為もままならないので、手術に踏み切るまで全く抵抗がない上に、保険診療なので金銭的にも問題ありません。一方日本人の6割が仮性包茎と言われていますが、この仮性の場合は自慰も性行為ができるので、普通に生活する上では全く支障が無いだけでなく、手術に関しても自由診療で保険が利かないので手術に対して抵抗がある方も少なくないのが現状です。

しかし仮性であっても、通常時には亀頭が皮に包まれている割合が高いので、不衛生になりがちで臭いを放つ可能性もあります。そうなると女性も嫌悪感を抱いてしまうことになりかねません。ですから出来れば早めに包茎手術を受ける事をおすすめします。包茎手術自体は簡単で当日に帰ることが出来るので、わざわざ連休を取得する必要もなく誰にもバレる心配はないので安心してください。

女性の前で自信を持って裸になれるというだけでも、男性として一皮むけたような感覚になるでしょう。もしもこれまでに、包茎であることで女性に対して自信が持てなかったり、性交を断念したなんていう経験をお持ちの方がいらっしゃったら、悪いことは言いません。すぐに包茎手術を受けて、男としての自信とプライドを取り戻してください。包茎手術のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です